hallo konnichiwa bonjour hello welcome to takumi's blog.
writing something about me, my works, days and so on.
hope this makes the world better. takumi

ようこそ。作品の事や、日頃の事や、そうでないことや、あれこれ書いてます。
ちょっとずつ、じぶんのことがわかるといいな。

I write in english SOMETIMES but im pretty lazy so....
英語でも時々書いてます。メンドクサガリなので毎回は出来てないです。。ゴメンナサイ。読んでくれたらコメント/good!/質問/注文などなどなんでも大歓迎です。

2011-04-06

徒然

こんにちは。

ずーっと書けませんでした。書きたくないとか、書けないとかそう言う感じともちょっと違うんだけど、自分自身がいまいち最近の心情を飲み込めてないと言うか。
いっぱい考えました。今もきっと考えてるんだと思うけど、少し緩めました。

死ぬってこととか、誰かを失うってこととか、人間そのものの善悪とか、もう書き出したらキリがないし、終わりもないようなことを、ずーっと考えてたような気がします。

今も、どこかで誰かが苦しんでて、悲しんでて、例えばご飯を食べる時に、ご飯を食べられない人も居るんだって考えて、行き場の無い罪悪感みたいな、言い表せない感じがあったり、ファッションなんて何の役にもたたんな~なんて思ったり、芸術とか、エンターテインメントって、普段日常がある程度ゆったりしているからこそ受け入れられるんだなーとか、でもこの状態のままでずっと居るわけにもいかないなーとか、とかとかとか。

結局何をすべきか、何が正しいのか、何もわかりません。

現地に赴く人が居て、何も出来ないと呟く人が居て、募金をする人が居て、被災地で盗みを働く人が居て、何かを批判する人が居て、何かを自粛する人が居て、それら全部が人間で、何がなんだかわかりません。

語弊があるのは承知です。誰も、誰をも否定することって出来ないと思う、これが本音です。

テレビを見れば同情し、かといって現地に向かうわけではない、色んな事に一喜一憂して、怒ったり悲しんだり、全部人間。
偽善といわれるような行動をするのも、偽善だと言うのも、人間。
ぼくは、善も偽善も、そういうことでもないんじゃないかと思います。

この震災は、事件であり、災害であり、悲劇であり、そして現実です。
人間と自然が一緒に生きる上で起こってしまった大きな出来事です。
色んな気持ちや意見、たくさんあると思います。

ぼくは、少なくとも、自分の人生をしっかりと歩む事、これを忘れないようにしたいと思います。
出来る事は何か、そんなことはわかりません。それよりも、自分にしか出来ない事は何か、それを探して頑張ろうと思います。

まとまりのない文になってしまったけど、一度吐き出しておこうと思って書きました。

次は、ハッピーな話題を書きたいと思います!

今日は天気も良いし、少し暖かいので、出かけて来ます。

takumi