I write something about me, my works, days and so on.

ようこそ作品の事や、日頃の事や、そうでないことや、あれこれ書いてます
ちょっとずつ、じぶんのことがわかるといいな

コメント/good!/質問/注文などなどなんでもどうぞ

2020-04-02

under no circumstances

とあるコラムを読んで、selfishの意味について考えた。
悔しいなーと、そうなれない自分。

見えないものと世界中が戦う今、妙にアコースティックが目に沁みて、普段好きだと思っていなかった声が深くまで届いて、やたらと涙もろくなった自分が情けないような、嬉しいような。

なんか全てに疲れてる。

夢を見た後、現実も夢もどっちがどうなってるのかわけがわからなくてしまう。

2020-01-17

パンの耳


久しぶりに会う親父は、一回りどころか二回りも三回りも痩せ細って、肌もボロボロ、息もぜえぜえしながら、テレビを観ては暴言や文句ばかり、何を言っても文句と愚痴ばかり。

傷みに傷んだ抜けた歯に、ろくに頭も洗ってないからずっと痒そうで、立ち上がるのも辛そうな感じさえするわで。
前に来た父のアパートには、もう少し何かしら食べ物があったと思うけど、今回は懐かしいから買ったと言うパンの耳。
始発で東京を発って着いたアパートで、正月最初の食事は、なんとも言えない気持ちで食べる薄っぺらいパンの耳だった。

耳も遠くなって、物忘れも酷い、がりがりに痩せ細った荒れた体に、いつ洗ったのかも怪しい服。
見てるだけで辛くなるようなそんな父親の姿は、さすがに悲しかった。